2008年1月 4日 (金)

ブログについてのお知らせ

2007年12月より、本ブログを新しくしました。 「Slow Dream」 本と...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

「葉桜の季節に君を想うということ」

221282 歌野晶午 文春文庫

心惹かれるタイトルですよね。

ましてや2004年「このミス」第1位。文庫になったのでやっと読むことが出来ました。

でも冒頭の文章を読んでビックリ!

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

「変な映画を観た!!」

850 大槻ケンヂ ちくま文庫

「この映画、すっごく良かった~!」って話すのは嬉しいもの。

でも、もっと盛り上がるのは「変なの観ちゃったんだけど~」だったりして(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

「紀行 お茶の時間」

Kikouotyanojikann伊藤ユキ子 晶文社

お茶の時間に至福を感じることができる人が大好き。

お茶の専門家でも研究家でもない著者。

お茶好きの根っこには故郷の「出雲」が潜んでいるという。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

頂きました バトン

539_2

前回ここのブログを挙げてから・・気づくと1ヶ月が(汗)

本はいろいろと読んでいたのですが、なにせ「海賊」で出航中でした・・私。何をやっていたのかというと・・ええ・・それは、本館の日記ブログの方に詳しく書いていますので(暑苦しくてもOKな方は)どうぞ読んでやってくださいまし。

少しづつ・・ではありますが、落ち着きつつありますので、徐々に本の感想も挙げていきたいと思ってます。

その前に、今日は、「ちょっとお話」のみみこさんから、素敵なバトンを頂きましたのでそちらを先に。

その名も 「頂きましたバトン」

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月11日 (水)

「おいしい話」

1269料理小説傑作選 結城信孝・編   徳間文庫

おいしい話・・と言われると、「いただきます~」とページをめくらないわけにはいきません(笑)

ましてや・・このとびきり美味なフルコースを作ってくれたのは、、それぞれとっても個性的な名シェフ(作家)たちなんですから。

小川洋子さん、阿刀田高さん、森瑤子さん、吉行淳之介さん・田辺聖子さん・・

う~ん、書ききれない。12人の名シェフたちの、なんとも味わい深い特別お料理をどうぞたっぷりと。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

「ミミズクとオリーブ」

1265芦原すなお 創元推理文庫

「青春デンデケデケデケ」で有名な、郷土の作家芦原すなおさんの作品、私はこれが初めてです。

八王子の郊外に住む作家である主人公「ぼく」の奥さんは、なんと名探偵!

しかも夫婦揃って香川の出身で、作品にはた~っぷり讃岐料理が出て来る・・と聞けばこれは読まずにはいられませんよね!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

本バトン

913久々に本屋に行った。腰を落ち着けてじっくりと本を探す・・という意味での久々の(笑)

目につく本がすべて呼んでいるような気がしてしまう・・気がつくと手には分厚い本がしっかりと6冊!!(苦笑)

いや、これはまずい・・いくら充電期間中とはいえ、今は無職の身、借りれるものは借りなければと、身を切る思いで厳選することに。

J・オースティン 最後の作品「PERSUASION」と

ジュリアン・バーンズ「ENGLAND ENGLAND」を買ってきました。さ!ゆっくり読もう~っと。

リンクさせていただいているbe-inのゆーこ。さんのところで「本バトン」をいただいてきたので、そちらも。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年2月21日 (水)

思い出のしかけ絵本

1255大日本絵画  ロバート・サブダ

しかけ絵本って、なんでこんなに楽しいんだろう、

何でこんなにドキドキするんだろう。

書店に並んでいるしかけ絵本コーナー、見本があれば飛びついてめくってみないではいられない。

3年間勤めた書店でのパートを辞めることになったとき、最後の日に自分で自分への餞別を買いました(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月19日 (月)

「淀川長治 究極の映画 ベスト100」

淀川長治  岡田喜一郎 編・構成   河出文庫 実は私、最近淀川さんをよくお見か...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«「ベルばらKids」